ホーム > 湘南サーフィンブログ【サクラ】フジケンブログ

FujikenBlog

藤原 健
1963年8月21日生 出身地:横浜 ホームポイント:江ノ島東浜・ハイアットリーフ ショップ3階より朝から晩まで海を眺めています。刻々と変わる海の様子をレポートします。
Fujiken facebook
●最近の投稿
●月別アーカイブ
スタッフBlog
旬なサーフィンアイテム情報 Sissy’s blog
湘南のサーフィンスクールレポートBravo’s blog
7月15日【海の日三連休〜BESNUGCUP大磯】 RSS 2013.7.16
__~14.JPG
おはようございます。
連休明けの火曜日は涼しい朝。
海も道も空いて、鵠沼らしいゆるーい小波でサーフしてきました。

暑かった三連休。
皆さんいかがお過ごしでしたか?
湘南は海水浴やらイベントやら台風の波やらで人出が炸裂。
まあ賑やかな真夏のシーズンスタートとなりました。
初心者サーフィンスクールも、朝早いスタートにもかかわらず盛況でした。
波はスクールには大きすぎでしたが、それでも皆さんサーフィンの楽しさを感じてもらえたようです。

さて私は、土曜日と月曜日は朝練のちスクールのちメンバーと夕方サーフといういつものペース。
中級者から遊べるファンサイズのためどこも混んでいて、人波をぬってのサーフでした。
皆さん、ここ一年の特訓ですっかりタフになりましたね。

日曜日は、大磯で行われたNSA公認Aグレード、BESNUG CUPに参加。
先々週から延期になっていたこの大会。
伊勢で行われるAAグレード(貰えるポイントが1.5倍)の大会と重なってしまいました。
しかし三連休の中日に伊勢まで往復するのは体力的にキツイ。
波も伊勢はヒザで大磯は胸近く。
大磯は延期になってるから欠場する人も多そう。
ってことで疲れた身体に優しい大磯に出場です。

スケジュールはロングメン・マスタークラスから。
今週も年齢制限なしの一クラス。
鍛えられます。
メンとの混合クラスだとイチコケも大有り。
なにがなんでも勝ち上がりたいラウンド1ですが、先に組み合わせを見たツヅキ君から「ケンさんのヒート、激アツですよ」とのお言葉。
三大会連続で土井君と当たってます。

もはや運命。
そして七ヶ浜町長杯に続いてのK君、もうお二人いらっしゃっての5人ヒート。でもお一人は欠場でした。

モモ腰〜腹。
南西ウネリのため、鵠沼方面よりサイズは小さいですが、岸近くで一気に割れ上がる波はパワー十分。
そしてダンパー率高し。
このサイズならば、好きです、こういう波。
かつてのショートボード時代、辻堂と茅ヶ崎の間あたりにしょっちゅう入っていたんですが、こんな感じの波なんです。

波周りも良くて、誰よりも左で一人構えたポジショニングも正解。
な、なんと、ラウンド1のベストスコアで通過です。

ちょっと前のワタクシならば、ここで調子をコキます。
自分はできる!と変な自信を持って、ラウンド2でもハイポイントを狙いにいき、波を待ちすぎたり無理にワザをかけにいったりして自滅するパターン。
50歳を目前にして、少し自分を知ったワタクシはFaceBookに控え目なコメントを載せつつ、波を見て作戦を立てます。
ラウンド2は、早くもセミファイナル。
ここを凌げば初めての若者とのファイナルが待っているんです。

メンバーは、鵠沼グラッドのエースツヅキくん。春の茅ヶ崎の大会のセミで当たって、僅差で負けています。
そして、鎌倉のヤングガン、級別やASPでも結構勝ち上がり今シーズン絶好調!大学生の上木君。
唯一対戦した鵠沼カップでは、パドリング力の違いを思い知らされました。
もう一人はスケパーローカルのキシノ氏。ロング一年目の支部予選から負けっぱなし。
昨年の全日本では2位争いして、僅差で一回戦負けに追い込まれました。
ロングマスタークラスの大先輩で試合巧者です。

潮がひいてサイズダウン。
波数が減り、切れ目も少なくなったように見えます。
ひとまずラウンド1と同じ左寄りにポジショニング。
ツヅキ君とキシノさんは右からのライト狙い。
上木君は私と同じ左のカレント周りに。
でもパドリング力に自信があるのか、少しアウト寄りに構えます。
ヒートスタート。
右から乗ってくる二人は、速めのブレイクに捕まりがち。
左の切れ目に来たセットは沖に構えた上木君のもの。
テイクオフが早くポジションもいい上木君だけがコンビネーションを揃えてきます。
ここで上木君に絡みに行ってはいけません。

私の敵は残りの二人。
なんとかコンビネーションを決めようと、ミドルサイズの波を狙いますが、ノーズが決まれば波は厚くなりフィニッシュが決まらず。
掘れたセクションをかっ飛べても、ローラーコースターがイマイチな出来。
とまあ、決め手に欠ける試合運びでしたが、他の二人にも決定打はなかった様子。
僅差でラウンドアップ。

こういう試合運びがしたかったんです。
今までなら上木君に対抗して自滅していたパターン。
試合にたくさん出て、自分を知ることが出来たのかな。
嬉しかったです。

決勝までの長い待ち時間はロングボードチームの選手が集まってグダグダと過ごします。
さっきまでの敵も次の敵も関係なく、ひとつに固まって和やかに。

ヒート開始30分くらい前になると、それぞれに散っていき、集中していきます。
ファイナルメンバーは、上木君、土井君、そしてセミで戸井田さんを破って勝ち上がってきた地元西湘の隠し玉、鶴田さん。

私の見たところ、波はセミファイナルと大差なし。
左のカレント際の切れ目を狙う、ロースコアの争いになるのか。
そして私は左にポジショング。

が、しかーし。
上げ潮に乗って、サイズアップ。
ヒート開始直後に、ここまで見たことのない、ライトの切れたセットが到来。
右に構えた鶴田氏が乗りハイポイント炸裂。
続いてやってきた胸オーバーのオバケセットには上木君。
9点オーバーのエクセレント。
前半戦のワタクシはダンパーに手を出してワイプアウトした一本のみ。

右で二人にやられていた土井くんは左奥にポジションチェンジ。
私は右の二人に絡みに行きますが、セットはだいたい奥から乗られ、前乗り気味に乗った一本もフィニッシュが決められず。
一方、左でじっくりと波を選んだ土井くんは、いい波を掴んでグッドスコアを揃えています。

結局、一本もコンプリートできないままタイムアウト。

久しぶりに情けない試合でした。
実力で及ばないながらも、左狙いを最後まで徹底していれば、まだ試合になったはず。
ふらふらと右に吸い寄せら、パドリングが速くて体力に勝る二人に絡みに行ったことが悔やまれます。
こういうメンバーでの試合運びを勉強させてもらいました。

ファイナルの結果は、
1位 上木君 14点代!
2位 鶴田さん 13点代。
3位 土井くん 12点代。
4位 ワタクシ 6点代。

メンとの混合クラスで初めてファイナルは嬉しかったですが、苦い思い出と良い経験が得られた試合でした。

湘南西支部の運営の皆さん、選手の皆さん、奥様方、応援してくれた皆さん、ありがとうございました。
来週は仙台で、ロングマスタークラスがあります。
この経験を生かしてN先輩や林さんに挑みます。

それでは皆さんまた海で。
KOYO’s KITCHEN 海を眺めながらくつろいだ時間を過ごせるカジュアルカフェ!本格的なインドネシアン料理と時間を忘れて過ごすひとときはいかが?KOYO'S KITCHEN(コヨーズキッチン)

楽天ICHIBA

サクラサーフ&スポーツ YAHOO ONLINE SHOP

会社概要

スクール予約のお申し込みはこちらから
オンライン予約
お電話での予約こちら
0467−31-8384 平日9:00~18:00 (土日祝は19:00まで)

旬なサーフィンアイテム情報 Sissy's Blog

Sissy's Blog
ネックインフルスーツなどなど
この2-3シーズンですっかり秋冬シーズン …

予約ができる携帯サイトも利用してね。

ページの先頭へ戻る