ホーム > 湘南サーフィンブログ【サクラ】フジケンブログ

FujikenBlog

藤原 健
1963年8月21日生 出身地:横浜 ホームポイント:江ノ島東浜・ハイアットリーフ ショップ3階より朝から晩まで海を眺めています。刻々と変わる海の様子をレポートします。
Fujiken facebook
  • 2014年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
●最近の投稿
●月別アーカイブ
スタッフBlog
旬なサーフィンアイテム情報 Sissy’s blog
湘南のサーフィンスクールレポートBravo’s blog
5月26日【湘南藤沢支部予選】 RSS 2014.5.26
IMG_1250.jpg
こんにちは。

風波ながら久しぶりに波のある週末。
ジャンクになりがちな風波も東浜ではまとまっており、地形も良くて、多くのメンバーが楽しんでいました。

そして我等、東浜ロングボードチームは湘南藤沢支部予選その1に全力出撃しました。
毎年夏に行われる日本サーフィン連盟の全日本選手権。
アマチュアコンペティターなら一度は出てみたいサーフィン界の甲子園です。
出場できるのは予選エントリー者十人ちょっとにつき一人だけという狭き門。
今年もスケパー前ポイントにて熱い戦いが繰り広げられたのでした。

昨日行われたのは、ロングボードメン、ロングマボードマスター、ロングボードウィメン、ボディーボード、子供のショート各クラス。
大人のショートボードは後日になります。

東浜チームは9名で臨みましたが、皆さん大健闘でした。
ハム君、1回戦。
マサト、2回戦。
ヌノメ、2回戦。
村ちゃん、2回戦。
ショータ、3回戦。
小野ちゃん、3回戦。
薬局くん、3回戦。
まで勝ち進み、それぞれに嬉しい、悔しい思いをして帰ってきました。

そしてコンテスト初参加の猪岡美奈子ちゃんはロングウィメンクラス2回戦を勝ち上がり、決勝に進出!
レベルの高い藤沢支部の女子ロングボーダーに混じって、落ち着いた試合運び。
持てる力をすべて発揮して勝ち上がっていきました。
いやー、スゴイ。
これは才能ですね。
ファイナルではさすがに4位になりましたが、今後に期待がもてる戦いぶりでした。

さて、わたくしの結果です。

何がなんでも全日本に出たくて、ショートからロングに種目を変えて4回目の支部予選。
過去3回はファイナルに進出、全日本にはなんとか出場できたものの、優勝はなし。
今年こそは勝つ!と気合いを入れ、着々と準備をしていました。

が、しかーし。
週末波なしシフトに入った先週は油断していました。
相変わらずのスケパー通いは続けていたものの、体調を整えることはせず、試合開催の可否が発表される土曜日昼にはホームページ発表の日付を見間違えて明日は延期、と皆にアナウンスする始末。
東浜でクタクタになるまでサーフィンして、夕方に誰かが確認した支部予選決行の知らせにビックリ。
ワックスを剥がしてしまった試合用ボードを前に愕然としたのでした。

そして試合当日。
なんか熱っぽい。
いつもの時間に起きていつものコンビニへ。
いつものマーガリン入りレーズンバターロールを買ったら、くじ引きがついてきました。

うっ。
外れたらツイてない気がするし、当たったらツキを使っちゃった気がするしヤダな〜。
と思いつつしぶしぶ引いてみると、どん兵衛天プラうどん当たりました!
うん、うん、ツイてないよりツイてたほうがいいなー、と朝から気を良くしたのでした。

なるべくいつもと同じように過ごして体調を整えたいわたしは、3階で艦これ。
選手集合時間に30分遅れてスケパー入り。
いつも欠かさないウオーミングアップはなし。
これは作戦のうち。
支部予選はファイナルまでに、3回勝ち上がらなくてはいけません。
ウオーミングアップしてラウンド1から気合いを入れていたら、どこかで気の抜けたヒートができてしまいます。

そして迎えたラウンド1。わたしはBポイント。
順調に勝ちあがればラウンド1、2、セミファイナルまでBポイント。
ここはいつも練習しているピーク。
リラックスして初戦を迎えたのでした。

そしてヒート開始近くになっても対戦相手は一人しか現れず。
日程が延び延びになる支部予選ではよくあることです。
よってヒートは敗退する人のいない1位、2位を決めるだけのものとなりました。
ここは当然、次のラウンドのことを考えて1位を取りたいところ。
しかしわたしは、試合開始を告げるMCのカウントダウンが終わらないうちに波に乗ってしまう失態。
その後に来た良い波は、すべて対戦相手にもっていかれ、いいとこなしの2位通過でした。

あー、何をやってるんだか。
モーレツに反省しつつもまあ予定通り。
ラウンド2は気合い入れ直して1位通過でした。

お次はセミファイナル。
今年のロングマスタークラスの全日本出場枠は3人。
ファイナルへ進めれば全日本に行ける確率がかなり高くなります。
よって一番重要なのが、このセミファイナル。
ここは気合いMAXで臨みました。
ここでの強敵は昨年ファイナルで負けた林誠一さんと菅原さん。
しかーし、ラッキーなことに二人はAポイントで勝ち上がってきた選手。
Bポイントのことなら任せなさい。
という訳でトップ通過してファイナル進出。

問題はファイナルはAポイントでやるってことです。
支部予選、いやわたくしのコンペ人生最大の障壁である中野先輩は、ラウンド1からずーっとAポイント。
わたくし普段の練習の時から波の読み辛いAポイントは避けてたんです。
付け焼き刃で波チェックを続けますが、うーん、わからない。
サトシくんも駆け付けて波を見ますが、やはりわからなそう。
点の出せそうなイージーウエイブは皆無。
規則性がなくて、かなり運に左右されそうです。

一応、支部長にファイナルBポイントでやりません?と聞いてみましたが、そんな手前味噌聞いてもらえるワケがありません。
仕方ない。
やりますかー。

ヒートスタート。
乗りたい、と思える波がさっぱり見えません。
グーフィーが一見良さそうなんですが、乗ってみるとブレイクが速い!
このレフトには林さんも苦労してます。
中野先輩はラスト2分くらいに小さめのレフトを選んで、いいライディングをしたように見えました。

結局、まともに乗れたのは1本だけ。
これはマズイなー、と岸に戻ったのでした。
応援してくれたみんなの総評としては1位か2位。
いやいや、去年もそんな感じで3位でしたけど。

そして表彰式。
3位でした。

中野先輩優勝、林さん2位。

うー。
林さんとは0.05ポイント、中野先輩とは0.5ポイント差。
ジャッジにも講評を聞きました。
私のハイポイントとなった一本、最後のローラーコースターは一番良かったけれども、前半、波のタルいところで何もしなかったのが減点対象になった、とのこと。

帰り道、ショータ君の講評。
予選ですから。
ここで絶好調は意味ないっす。
うーん、確かに。

夜、サトシ君の講評。
何も間違ってないし、あれで良かった。
そーか、そーか。

私の反省。
Aポイントでの練習時間が足りなかった。
サーフィンは急にはうまくならないんで、コンテストは準備がすべて。
しっかりとした戦略を立てられなかったことが、負けた原因かと。

この悔しさは宮崎の全日本で晴らします!
課題は波を見分ける目と見つける目。

藤沢支部、運営スタッフの皆様、選手のみんな、お疲れ様でした。
次はショートの部で!
5月23日【ロングボード千倉プロ】 RSS 2014.5.23
140516_105231.jpg
こんにちは。

湘南は波のある周期が平日にシフト。
週末は波の小さい日が続いています。
私の次なる目標、藤沢支部予選は波が大きくないとやりません。
日々、波伝説の週間予報を見てヤキモキしている今日この頃です。

さて先週末には日本プロサーフィン連盟主催のロングボード千倉プロが開催されました。
初日金曜日はアマチュア選手によるプロトライアル。
2回勝ちあがると翌日からのプロ本戦に出場でき、さらに2回勝つとプロになれます。
なんという狭き門でしょうか。
そして2014年シーズンからは、3回戦まで勝ちあがらなくても途中のラウンドで2本合計で12点以上出せば即プロ公認という新しいシステムも取り入れられました。

さて今回のプロトライアルには4月のバリトライアルに続いてのヌノメコーチ、昨年秋の鴨川トライアルに初めて参加して以来の堀井哲(サトシ)君が参加しました。

日本一のサーフィンコンペマニア。
自分のネイルサロンオープンで乗りに乗っているヌノメコーチは今回もプロトライアルを満喫!
結果は一回戦負けでしたが、前回よりははるかに良い試合内容で大きな進化を見せました。
波選びと試合運びはなかなかでしたよ。

そしてサトシはトライアル1回戦をトップ通過。
2回戦では14点というハイポイントを叩き出し、ギャラリーを盛り上げてのプロ合格。
翌日のプロ本戦へと駒を進めたのでした。

そして土曜日のプロ本戦。
私はスクールをサボってライブ中継での応援でした。
ラウンド1とラウンド2はプロ相手に新人らしからぬ落ち着いた戦いぶりでトップ通過。
セカンドシード選手が相手のラウンド2ではラスト30秒での逆転勝利!
大興奮でした。

そして前年のトップ16が出てくるラウンド3に。
ラウンド2をトップ通過してしまったために、昨年度のグランドチャンピオン、ユージン・ティール選手とASPアジアチャンピオンの秋本祥平くんという最強メンバーとのヒートを引き当ててしまいました。

厳しい戦いになること必至のラウンド3は大会3日目の日曜日に。
最強のメンバーとやって最高の経験を積んでこいと送り出しました。

ヒートスタート。
ユージン・ティールうまい!
いち早く形のよいセットの波を見つけ、すべてゲット。
完璧なボードコントロールで技を織り交ぜながらインサイドまで繋ぐユージンはグッドスコアを連発し、断トツのトップに。
サトシは残る一つの椅子を祥平くんと奪い合うことに。

中盤はサトシが僅差でリード。
ここはしっかりマークしたいところ。
しかし小さめのボードに乗るサトシはテイクオフが遅くて、奥から抑えに行ったはずの波をショルダーからテイクオフされて逆転されます。
3位に転落。
ラスト1分。
セットが来ました。
サトシは1本目を掴むも、この波はイマイチ。
裏の波で祥平くんはしっかりポイントを上げて勝負あり。

プロデビュー戦は9位タイで終了しました。

今回の戦いっぷり。
彼を長いこと見てきた私としては、最高に嬉しかったです。
自分の削ったボードで最高の舞台を戦ってくれたわけで。
サトシはロングのプロで上位に行ける才能があるんじゃないかと考えていたわけで。
今回それを証明してくれました。
サトシ、ありがとう。

そしてもうひとつ嬉しかったのが、サトシが本気でプロロングの世界に挑戦する気になったこと。
今回は9位という成績でしたが、本人的にはもっと上に行ける手応えがあったようで、今までのコンテスト後で一番悔しそうでした。
若くて旬な時期はいつか終わってしまうから、実績を残してください。


次戦は7月5日6日の辻堂マーボローヤルプロ。
課題は波の早期発見とテイクオフの早いボードか?
本日、でっかいニューボード、シェイプ完了です。

最後になりましたが、お世話になった皆さまに御礼を。
今までサクラ、VRTCLサーフボードを買ってくれた皆さん。
一緒にボード作りをしてきたウイザードサーフボードファクトリーの植森社長をはじめとする職人の皆さん、ベネットフォームの中野くん。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

さてさて、人の応援ばっかりじゃなくて自分も成績残さないとね。
浮かれた1週間を過ごしてしまったので、もう一回気合い入れ直します。
それでは皆さん、また海で。
5月15日【全日本級別選手権】 RSS 2014.5.15
140509_114804.jpg
こんにちは。

朝早くの雨、そのあとの強風が嘘のよう。
湘南は暖かな日が差す麗らかな午後となりました。
残念ながらサイズアップはなし。
オフショアが強すぎたみたい。
次の低気圧に期待ですね。

さて級別選手権の続きです。

大会前日、午前中のスクールが終わってから現地入り。
会場が近いっていいですね。
風こそオフショアなもののモモ前後のダンパーばかりの伊豆白浜。
夕方の試合会場にロングボードで入っていたのは藤沢支部が7名、鎌倉支部が1名。
ホント、気合いの入った仲間に恵まれてます。

そして翌朝。
会場の波はスネ〜ヒザのダンパー!

小波ダンパーは技術だけではなく波取りと気合いが大事。
勝ちたい気持ちと戦略がモノを言います。

東浜から参加のシンジくん、小野さん、村ちゃんはこれらがちょっとだけ足りなかったのか、残念ながらイチコケ。

そして私の出番。
対戦相手は、昨年のグラチャンラウンド1で2位争いをして負けた仙台の大畑さん。
千葉東の新星、高校2年生の山本くん、そして岐阜の川瀬さんでした。

波は極小、ショアブレイク気味。
わたしにはノーズ、マニューバーのコンビネーションを入れる時間などなくて、テイクオフからすぐのローラーコースターで勝負。
とりあえず大きめの波が来たら奥からオラオラーと全力で漕ぐ。
先に立って、波が崩れるまでの時間にいかにスピードをつけてローラーコースターに持っていけるかが勝負。

トシだけは無駄に喰っているわたしは皆の右奥に周りこんで先制攻撃。
2本まとめてトップに立ちます。
体力、技術で勝る山本君との波取り争い。
中盤には逆転されて2位に。
3位の大畑さんを抑えにいきつつ再逆転で1位。
すると今度は山本君が大畑さんを抑えに。
ラウンド1から激しい展開です。
ラスト1分で山本君にハイエストスコアを出されて2位に。
最後まで諦めずに波を追う大畑さんを抑えきって2位を確保。
翌日のラウンド2に繋げました。

ショータ君はラスト1分からの奇跡の逆転劇を見せて初の主催大会で2位勝ち上がり。
あの状況でコンビネーションを決めるこの男、ただ者ではありません。

大会二日目。
初日延期でこの日が初の出番となったショートウィメンクラスの美和子さん。
先日の宮崎検定で3級を取得。
初めての主催大会出場でした。
そしてショート1級クラスとショートウィメンクラスは多々戸浜に移動。
美和子さんは一人、多々戸浜に降ろされ孤独な戦いを挑み、見事ラウンド1を突破。
残念ながらラウンド2で破れましたが、あのハイレベルなメンバー相手に大健闘。
サクラ、ニュージェネレーションは一味違います。
これをきっかけに大きく伸びてほしいですね。

さてわたくしのラウンド2は、藤沢支部のチームメイトで元グランドチャンピオンの牛くん、千葉西支部の入さん、千葉南支部の笠置さんと。
牛くんのトップはほぼ確定なので、残り3名でのイス取りゲームです。

ヒート開始。
初日よりは少しサイズアップしてヒザ〜モモサイズ。
しかしながら相変わらずのダンパー。
みんなが右奥に集まるなか、わたしは一人で左側をキープ。
右の奥をキープした入さんがヒート前半をリード。
しかし中盤に入り牛くんがコンビネーションを決めて断トツトップに。
わたしはずっと3位のポジション。
MCはニードポイント2.15とアナウンス。

ラスト2分。
一人左側で待つわたしの所へカタチの良い波が。
追いかけながら、これはコンビネーション入れられるかも?なんて考えが頭をよぎります。
しかーし、テイクオフで思ったより早く滑り出してしまい走るラインが下がり、立ってすぐのノーズを断念。
安全策で、とりあえず走ってからのローラーコースターに。
これに2.3ポイントつき2位にアップ。
入さんのニードポイントは僅か2.9。
すかさず入さんを抑えに行きます。

ラスト1分。
沖にセットが見えました。
入さんは全力パドルで右側へ。
わたしはマークせずに左側へと進みグーフィー狙い。
この波は厚くて二人とも乗れず。
しかし、その裏の波に入さんがテイクオフ。
試合終了。

入さんのラストウエイブのポイント次第で順位が変わります。

1位ゼッケンレッド渡辺選手。
2位ゼッケングリーン入選手。

会場に放送が流れ、わたしの級別選手権が終わりました。

応援してくれた多くの人から、なぜ最後までマークしなかった!?と言われました。
甘かったです。
気合いだけは入ってたんです。
体調サイコー、集中力もありました。
でも最後に入さんの執念がわたしの勝ちたい気持ちを少し上回ったのでしょう。

はー、情けない。

ロングクラスは二日目にラウンド2、ラウンド3を、最終日にはセミファイナル、ファイナルが行われました。
今回もお世話になりっぱなし、副支部長の牛師匠が4位入賞。
そして旅のバディー、ゴンちゃんが主催大会で初優勝。
おめでとう。
二人のコンテストに臨む姿勢はホント素晴らしい。
尊敬してます。
ゴンちゃんはランキング争いもトップ独走中。
いちおう私もロングマスタークラス暫定一位のようです。

参加選手、運営スタッフの皆さま、お疲れさまでした。
応援してくれたみんな、不甲斐なくてすいません。

次は支部予選。
マークを忘れない。
5月13日【九州オープン〜全日本級別選手権、その一】 RSS 2014.5.13
140427_160208.jpg
こんにちは。
お久しぶりのブログです。
GWやら試合で忙しく、ではなくて、ハマっているゲームのイベントで頭がいっぱい。
人間の脳には使える限界があるのだとよーくわかった一ヶ月でした。

サボっている間に季節は変わりました。
気温、水温急上昇で湘南は初夏の装い。
サーフィンスクールは春先の不調がウソのように予約がいっぱい、海はサーファーで溢れています。
冬がどんなに寒くても夏は来るし、人は戻ってくるんだなー、と思っている次第です。

さてわたくしは、GW前に宮崎へ行っていました。
九州オープンというNSA公認大会へ参加です。
かつてのウインドサーフィンレースもそうでしたが、海のイベントは東京から離れるほど華やかに、そしてオーガナイズが素晴らしくなります。
木崎浜で行われた九州オープン。
参加選手は少ないけれど、お膳立ては全日本クラス。
とっても贅沢な環境でコンテストをやらせてもらいました。
九州サーフユニオン、素晴らしい!

しかし結果は2回戦敗退。
うちのショータ君にも負けました。
波は腹胸、オンショアが入りパワフルな速めのブレイクが中心。
二日前から現地入りしていた、ゴンちゃん、ショータ、わたしの藤沢チームは木崎浜のオンショア波を攻略すべく、トップジュニア達に混じって練習、練習。
試合前にしては珍しく調子がよくて、体調万全で迎えたラウンド1。
先日の福岡カップで連敗した福岡のナイスガイ松崎君に初勝利。

が、しかーし。

ファイナル進出を賭けたラウンド2。
ヒート開始直後にコンタクトレンズを紛失。
裸眼0.05の視力ではヨレて入ってくるクセ波から切れた波を選ぶことは難しく、何もできないまま敗退。
レーシックの手術をやろうかと本気で考えました。

ファイナルの結果は、松崎君優勝、ゴンちゃん2位、ショータ君4位でした。
心身ともに疲れた宮崎遠征から2週間。
気力、体力を完全に復活させて全日本級別選手権へと臨みました。
年に3回あるNSA主催大会のひとつめ。
上位に入ればハイポイントが貰えるためランキング争いの前半の山場となります。
ロングボード男子は年齢、所持級によるクラス分けなし。
45歳以上のロングマスタークラスは若いメンクラスを撃破して勝ち上がる必要があるんです。

会場は伊豆白浜。
白い砂にエメラルドグリーンの海。
ロケーションは最高なんですが波はいつもイマイチ。
今回は極小波ダンパーの戦いとなったのでした。

その2へと続く。
KOYO’s KITCHEN 海を眺めながらくつろいだ時間を過ごせるカジュアルカフェ!本格的なインドネシアン料理と時間を忘れて過ごすひとときはいかが?KOYO'S KITCHEN(コヨーズキッチン)

楽天ICHIBA

サクラサーフ&スポーツ YAHOO ONLINE SHOP

会社概要

スクール予約のお申し込みはこちらから
オンライン予約
お電話での予約こちら
0467−31-8384 平日9:00~18:00 (土日祝は19:00まで)

旬なサーフィンアイテム情報 Sissy's Blog

Sissy's Blog
ネックインフルスーツなどなど
この2-3シーズンですっかり秋冬シーズン用として定番となった「ネックイ

予約ができる携帯サイトも利用してね。

ページの先頭へ戻る