ホーム > 湘南サーフィンブログ【サクラ】フジケンブログ

FujikenBlog

藤原 健
1963年8月21日生 出身地:横浜 ホームポイント:江ノ島東浜・ハイアットリーフ ショップ3階より朝から晩まで海を眺めています。刻々と変わる海の様子をレポートします。
Fujiken facebook
●最近の投稿
●月別アーカイブ
スタッフBlog
旬なサーフィンアイテム情報 Sissy’s blog
湘南のサーフィンスクールレポートBravo’s blog
6月29日【サーフィン初心者日和】 RSS 2013.6.29
__~07.JPG
こんばんは。

湘南は今日もいいお天気。
サーフトリップしているメンバーによると宮崎は大雨とのこと。
もう梅雨開けなのかと思いましたが、梅雨前線はまだまだ活発なようです。

海開き前のサーフィンスクールが一番盛り上がる週末にこの晴天。
波のほうも初心者に最高の小波が割れて、スクール生のみならず、我々インストラクターにとってもラッキーな土曜日でした。

今週ずっと続いていた波も、今朝にはスモールサイズに。
とは言え場所と時間を選べばモモ腰サイズが来ていたようで、朝のうちはロング中心ながら遊べていたようです。
心配された混雑はそれ程でもなく、平日朝に十分楽しまれた皆さんはゆっくり寝ていた様子。
もちろんワタクシは朝練をお休み。
インストラクターの皆さんもスクールに備えてか、疲れてしまったのか、朝はゆっくり過ごしていました。

初心者スクールタイムは太陽が照り付ける真夏の陽気。
これくらい暑くなってくると、7月からのサマータイムも悪くないなー、なんて思えてきます。
今日たくさんいらした皆さん。
来週からは2時間の早起きをお願いします。
海水浴場対策とは言え、一日を長く使えるサマータイム。
涼しい朝のうちにサーフィンするのって気持ちいいですよ。
ちなみにスタッフの朝練は4時半集合に決定!
例年夏はお休みの朝練ですが、今年はやりますよ。
お仕事前の方もぜひ。

午後は土曜日メンバーと波を探してお出かけです。
しかーし、その頃にはオンショアが入って、ウネリは重なりボヨつき、テイクオフできる波選びも難しければ、乗り繋ぐのも大変なイマイチな波でした。
それでもタフなサーファーを目指して皆さん頑張りました。
短時間ですが集中して波を追いかけ、必死にボードコントロールしたことは糧になるはず。
明日も似たような波が予想されますが、前向きに取り組みましょう。

それでは皆さんまた明日。
6月27日【梅雨後半は波ある〜】 RSS 2013.6.27
DSC_2186.jpg
こんばんは。

しばらく続いた好天から再び梅雨空に戻った昨日の湘南。
空梅雨気味だった前半は、波なしに苦しみましたが、今週は梅雨前線上を小さな低気圧が次々と通過。
おかげで腰程度の小波ながら毎日波があるという、昨年、一昨年の梅雨のパターンにはまりつつあります。
初心者や中級者、ロングには楽しい日々です。

一昨日は7時くらいの引き潮どきからサイズアップ。
面ツルで波数もそこそこあり、混雑もさほど気にならず。
お天気もなんとかもって、最高のサーフィン日和でした。
歯痛がやっと収まったワタクシは朝から2ラウンドサーフ。
ノーズ中心にいい練習ができました。

昨日は満潮時間が後ろにズレて、潮が引くのを待っている時間はありません。
割れ辛いのを覚悟で6時に入水。
ユルいオンショアが入り、ウネリはボヨつき、少し難しい腰程度の波です。
YK君、ヌノちゃん、ゆーき、ショータ、しっしー、小野ちゃん、AG子、AKUBIちゃんといったいつもの朝練メンバーにロングに乗るSATOCYが加わって、セッションはヒートアップ。
一昨日までのやさしい波に慣れきった私は調子悪かったのですが、コンテストみたいな波でボードテストができました。
その結果、支部予選でのボード選択は間違っていたことが判明。
一人でテストして判断するのは危険ですね。
優秀なテストライダーの有り難さを実感しました。

そしてピカピカの晴天となった今日。
雨を降らせた低気圧はしっかりとしたウネリを残して、どこのポイントも朝からグッドコンディションに。
朝早くからメンバー、スタッフは次々とお気に入りポイントへと出撃です。
私は出遅れ気味に鵠沼へ。
セットは結構大きくて、ロングだとゲットがかったるそうなコンディション。
でかいカレント脇にガラガラだけどいい波が来ているピークを見つけ、ショートボード時代に師匠とあがめていた今はロングに乗るA君と一緒に入水です。
流れが強くてポジションキープが大変ですが、いい波を掴めばパワフルなフェイスをかっ飛べます。
A君は相変わらず上手くて、インサイドでチューブをゲット。
日本人離れしたマニューバーも刺激になりました。
ショータ、ヌノちゃん、AG子、YK君、小野ちゃんもやってきて、サクラロングボードチームは今朝も盛り上がってます。

初心者スクールには今日の波は大き過ぎ?
かなり江の島寄りに移動しての開催となりましたが、お天気も良くて皆さんしっかり楽しまれた様子。
梅雨時もスクールは盛り上がってますよー。

午前中は木曜チームと水族館前でファンウエイブをゲット。
夕方もサーフしてもうフラフラです。

明日も波は残りそうなので、海開き前の広い海を楽しんでおきましょう。
それでは皆さんまた明日。
6月23日【週末は大賑わい】 RSS 2013.6.23
DSC_2162.jpg
こんばんは。

梅雨の晴れ間となったこの週末。
台風の残した波が程よいサイズをキープして、湘南は海も陸も大賑わい。
上級者にとっては、場所と時間をうまく選ばないとストレスいっぱいのサーフィンに。
朝〜午前中に東浜で入ったスクール生や初心者にとっては、ダンパー気味ながら長く走れる波もあって、悪くない週末でした。

金曜日に調子に乗ってサーフィンしたら再び歯痛に見舞われているワタクシは、せっかく波があるのにスクールのみの入水です。
スクール生の皆さんを相手に語りまくった、お仕事の週末でした。

写真は昨年サーフィンを始めたYちゃんのニューボード。
一本目は7’6”でしたが二本目はEPSロングです。
ただいまショータ君とクリアのボードに落書き中。
7’6”〜8’0”くらいのボードでサーフィンを始めたメンバーは二本目にショートボードを作るのが定番でしたが、最近はロングを選ぶ人が増えてます。
いつかは試合に出てみよう。
そんな目標を持ってロングに取り組んでくれているみたい。
そんな人がもっと増えて、みんなで試合や検定に行けたら楽しいな。
いつもの場所でいつものメンバーでやるサーフィンも大好きですが、知らない土地で新しいメンツとサーフィンするのは新鮮な刺激です。
きっと世界が広がるはず。
新たなチャレンジャーをお待ちしてます。

さて明日も遊べるくらいの波は残る予報。
朝の引き潮に向かう時間が良さそうです。
日の出の早いこの時期、月曜日のお仕事前に一ラウンドいかがですか?
海で会いましょう。
6月21日【台風4号カム!】 RSS 2013.6.21
__~21.JPG
こんばんは。

毎日、雨ですねー。

支部予選の疲れか、予選落ちのショックか、いやいや、長雨のせいでしょうか。
水曜日辺りから体調がすぐれず。
サーフィンは休んで、スクール以外はなるべくじーっとして、動物のように体力回復を図ってきました。
おかげで今朝には復活。

朝一はオンショアが吹いていたようですが、私の出かけた朝二には無風のメンツルに。
干潮に向けてぐんぐん潮が引いていく時間にあたり、速めのブレイクが目立ちました。
テイクオフの遅い女子や短いボードの皆さんには難しいブレイク。
ロングボードコンペに燃えるワタクシ的には、緩いところからいきなり掘れて一気に崩れる、鵠沼らしくないブレイクは望むところ。
いい練習になりました。

今朝は新調したロングジョン+ジャケットの初おろし。
早速、写真に撮ってもらえてラッキーでした。
スターボードさん、いつもありがとうございます。
ロングジョンを着るのは30年ぶりです。
私がウインドサーフィンを始めた頃は、ウエットスーツと言えば袖なし長ズボンのロングジョンしかありません。
フルスーツやジャケットは高くてお金持ちだけが買えるもの。
貧乏学生はロングジョンの下にセーター着たりウインドブレーカー羽織ったり。

そんな記憶もあって、ウエットスーツのサポートを貰えるようになってからは常に袖付きのものを着てました。
が、時は流れ、ロングボードばかり乗るようになり、ちょっとはオシャレに振る舞いたいとロングジョン再デビュー。
正直言って、首や脇から水が入って水温が低いと寒いです。
暑い時期に向いてますね。
機能性よりスタイル重視、という方にはオススメです。
昔とは逆で、フルスーツやシーガルは持ってるけど、もう一枚ロングジョンを買う。
お金に余裕のある人が着るものになったんです。
時代は変わりましたね。

さて、午前中はボードオーダーのお嬢さんとマンツーマンサーフィンでした。
時はド干潮。
どこもダンパーが目立ちましたが、ユルいレフトがはるか沖から割れる場所を捜し当てました。
たぶん人生最長のライディングだったはず。
節目の日にいい波に乗れて良かったですね。
私もしっかり乗って楽しんでしまいました。

さて、気になる台風4号からのウネリですが、夕方の時点ではまだまだカワイイもの。
明日の朝にはサイズアップするでしょうが、潮周りにあった場所を選べば中級者でもサーフィンできそうです。
ひとまず中級者へのオススメは朝早い時間の東浜です。
潮が引くとダンパーになるので、なるべくお早めに。
ダンパーになったら、場所を変えるか、午後の潮の多い時間帯を狙いましょう。

それでは皆さんまた明日。
【湘南藤沢支部予選ロングの部】6月17日 RSS 2013.6.17
DSC_2159.jpg
こんばんは。

昨日は朝からジャンジャン降りの雨。
ずーっと延期が続いていた支部予選ロングの部がいよいよ決行されるかもしれない日。
アマチュアコンペサーファーにとって一年で一番大事な試合。
支部代表として全日本に行けるのは、高校球児が甲子園に行くのと同じくらい重要なんです。
しかーし、出場枠は比例代表制、約15人の予選出場者に対して一人しか出られません。
藤沢支部ロングマスタークラスの出場枠二人を巡ってオヤジ達の本気のバトルが始まったのでした。

会場のスケパー前の波はパワーのないヒザ〜腰、オフショア。
よくあるコンディションで、準備は万端。
望むところです。

まずは設営のお手伝いから。
日ごろの善い行いが成績に繋がる!
なんてことはありませんが、あの雨の中、運営してくれるスタッフの皆さんに感謝して。
他のチームの若手ショートの選手なんかも自主的に手伝いに来ていて、雨でも気持ちがいい設営タイムでした。

試合はロングメンクラスからスタート。
まずはショートとのダブルエントリー組のマサト君、ハム君が一回戦に挑戦。
しかしロング専門のコンペ職人達の壁は厚くて、健闘するもあえなく敗退。
応援チームに回ってしまいました。
二人ともまだ若いし、本気で取り組めばいい線いくはずなんだけどな。
試合は、気持ちのぶつかりあいだから、これを機会に本気でやってほしいな。

昨年ロングボードでサーフィンを始めた新世代、トコちゃん、ショータは、組み合わせもラッキーで一回戦を突破。
二回戦はさすがにダメでしたが、初めての支部予選で得るものはあったようです。

ショートで全日本出場を逃したAKUBIちゃんは一回戦を突破、セミファイナルに進出。
そこにはロング職人達がズラリと待ち構えていました。
一回戦目で消極的だった試合運びから一転、攻める気持ちを前面に押し出して健闘しましたが一歩及ばず。
ここで終わらせるのではなく、次に繋げてほしいな。
サーフィンは上手いんだから。

級別、七ヶ浜町長杯と今年はロングの試合に積極的に参戦しているYK君。
台風のときもショートには乗らずに、ロングのコンペにかける気合いが伝わってきます。
落ち着いた試合運びで、一回戦、二回戦と勝ち進み自身初のクオーターファイナルへ。
ここで全日本選手二人と対戦。
積極的に攻める姿勢を見せて前半はヒートをリードしましたが、後半に逆転負け。
しかし、昨日の戦いぶりで、実力派ロングボーダーの仲間入りをしっかり果たしたと思いますよ。

ロングマスタークラスは選手間の実力の差があって、組み合わせによって勝ち上がりがやさしかったり、難しかったり。
この2年ほど積極的に試合に参加してきた村ちゃんでしたが、鉄人イチローさんと同じヒートとなり、良い波が選べずに敗退。
後半戦も試合回りましょう!

本番に強い男、小野さんは今回も順調に勝ち上がっていきます。
がしかし、二回戦で2位アップしてしまったために、セミファイナルはイチローさん、林さんとのガチンコヒートに。
全日本トップクラスの厚い壁は破れず。
ここで敗退でした。

そしてワタクシ。
試合前のリサーチでは、ラウンド2が一つ目の難関。
そこを突破すればセミはちょっと楽させてもらい、あとは決勝4人ヒートで二つの椅子を奪い合う、との予測。

気持ちのピークをラウンド2に持っていくべく、ラウンド1はリラックスして望みました。
が、皆よりインサイドでのんびり待っていたら前半のセットを乗りまくられて、あっという間に土俵際。
焦りながらも後半に挽回して1位通過。
当たり前ですが、試合にのんびりは有り得ませんね。

そして迎えたラウンド2。
対戦相手は先の級別でニ敗しているイチローさんと、今年からロングマスターの年齢になり実力者との噂のM氏。
ファイナルのことを考えると、ここはイチローさんに一度は勝っておきたい!
身の程知らずの私は、ガチンコ勝負を挑みます。
前半には、どちらも譲らずにボードが接触するアクシデントも発生。
気持ちだけは負けないと、いい波はしっかり抑えて、終了間際までは僅差で勝っていた様子。
が、後半戦に2位を確定させようとM氏へのマークに変更した直後に、イチローさんがいい波に乗りました。
これに8.67ポイント!
エクセレントがついて大差のトップに。
実力が違い過ぎます。

セミファイナルは小野さんとは別のヒートに。
平常心で臨んだら2位アップ。
あぶねー。
やはり試合は魂入れてやらないといけません。

そして椅子取りゲームファイナルに勝ち残ったのは鉄人イチローさんに林さん、一昨年の支部予選で確か3位だったKさん。
イチローさんはずっとシード選手だったので、支部予選から出るのはいつ以来だかわからない!とのこと。
林さんは昨年の予選3位ながら全日本でセミファイナルまで進み、一躍藤沢支部のエースとなった実力者。
とにかくマジメで実直。
サーフィンも安定感に優れ、まず落ちない。
どんなコンディションでもコンスタントにポイントを出してきます。
支部予選にかける気持ちはワタクシと変わらず。
まさに五分の勝負。

ヒートスタート。
イチローさんの得意なパターンはオープニングウエイブに乗り、出だしで一気に突き放すこと。
これをやられると、他の選手は焦ります。
最初のセット。
イチローさんが動きます。
ぴったり横につけていた私は、すかさず動いてこれに乗ります。
イチローさんのお株を奪ったつもりでしたが、これは罠でした。
裏の波が見えていたイチローさんは、気の焦る私を一本目に乗らせようとして、わざと動いたのでした。
私はノーズを決めたものの、ローラーコースターを入れる時間がなくなり3点代のロースコア。
イチロウさんは、裏の波でパーフェクト10ポイントを叩き出します。

このあとは林さんと三人で激しく絡み合っての波の奪い合い。
私も林さんも決定的な波は掴めないものの、似たようなイマイチな波に乗れば、例えワンターンでも私より林さんにより多くのポイントが付きます。
これは実力の差、ジャッジの判断です。
それが判っている私は、とにかくいい波に乗って技数を入れるしかないんです。

残り時間2分。
さんざん掻き回した甲斐あってか、イチローさんと林さんはマキシマムウエイブの8本を乗り終えます。

ラスト一本。
逆転の波に乗りたい。
そこへセットが到来。
ライトへ切れてます。
サイズ、形ともに申し分なし。
行きましょう。

テイクオフからハングファイブで引っ張ることに成功。
あとは張ってきたところへしっかりと当てれば勝てる。
が、ショルダーには川の流れが入り、きつくヨレて、下手をすれば乗り継ぐことも難しそうなセクションが見えます。
この日のジャッジの傾向は、とにかくハードなターンにハイポイント。
乗り継いでも意味がないのですが、途中で終わるよりはマシ。
どこかで掘れてくれ!
祈る気持ちで岸まで乗りつぎますが、フェイスは緩いまま。
当て込めないまま、終了しました。

岸へ上がった私に、仲間達は大丈夫、最後の一本で2位になったよ、と声を掛けてくれました。
でも私にはわかってたんです。
昨日のジャッジの判断が。

結果は、
1位 山崎一郎さん
2位 林さん
3位 ワタクシ
4位 黒田さん

最後の波には4ポイント台。
ワタクシのベストスコアは、クローズする波にテイクオフ直後に軽く当てただけのライティングに5点台。
林さんとは0.5ポイント差でした。

最初と最後の波で、ノーズに行かずに、マニューバーだけで勝負していれば。
一番大きいボードじゃなくて、小さくて動くボードにしていれば。
結果は違っていたかもしれません。
でも後悔はないんです。
自分の目指すベストなサーフィン。
そこを目掛けて演技を組み立てて、その結果、うまくまとめられなかった。
まだまだ発展途上なわたし。
いつかはイチローさんのような完璧な演技ができるようになりたいです。

コーチ役をつとめてくれたG君には、確実に上手くなってる、そのまま続けていけば大丈夫。
サトシには、いい試合運びだった。一つも間違えてない。
と言われたのが救いでした。

応援してくれたみんな、ありがとう。
ブラボーをはじめスクールのスタッフも、一日中写真撮ってくれた原さんにも、感謝してます。

全日本は補欠だけど、コンペシーズンは始まったばかり。
今年は最後まで諦めずに戦っていきます。

それでは皆さんまた明日。
6月14日【台風→熱低→ファンウエイブ】 RSS 2013.6.14
DSC_2091.jpg
こんばんは。

台風3号は勢力を弱めて熱帯低気圧に。
そしてそのまま関東沖で消滅?
非常に珍しい末路をたどった台風になりましたが、湘南には3日続けての雨と初心者から上級者まで楽しめる程よい波を送り続けてくれました。

一日中雨降りとなった木曜日。
水曜日よりはサイズが下がって、ビーチで胸前後のファンサイズに。
私は朝練しに支部予選会場へ。
川寄りは雨のせいで水質が最悪。
大雨が降ると下水処理場がオーバーフローして、未処理の下水が川に流されるみたいです。
そのおかげかピークはガラガラでした。
大好きな腹胸ファンウエイブをのんびりと楽しめるならばワタクシ的には多少水が汚くても問題なし。
海の遊びは自己責任が基本ですから。

しかしながら、さすがに木曜メンバーを連れて行く訳にはいかず、午前中は水がきれいなお店の前にて。
朝のうちはブレイクしていなかった東浜ですが、潮が引くにつれてビーチ中央にはライトウエイブが出現。
ヒザ〜モモサイズながらうまく合わせれば岸までロングライドできる波。
岩間さん、ミカさん、内山君が絶好調でした。

午後になってもファンサイズは変わらず。
温存していた残りの体力を使う時です。
夕方は、久しぶりにVRTCLライダーのサトシとYK君とショータと岬の向こうへ入りました。
KOYOがかっ飛んでいるメインピークは避けて、お隣りのレフトオンリーのピークへ。
セット、腹。
テイクオフこそ厚めながら、そのあと一気に掘れてくる速めのブレイク。
ロングのテイクオフなら抜けられてロングライドできますが、ショートだとサトシの超速テイクオフでぎりぎりセーフ。
だから貸し切り!
台風3号の思い出となるいいセッションでした。

一夜明けて今朝。
波も雨も残っていました。
朝一はまだ潮が上げに向かっており、無人の東浜もいい感じにブレイク。
が、支部予選チームは水の汚いあのピークへ。
昨日より掘れてショルダーの張ったレフトが来ます。
YK君が昨日の夕方から絶好調。仙台遠征で何かを掴んだ様子。
小野さん、ヌノちゃん、ユーキちゃんあたりも、腹〜胸サイズにしっかり乗ってました。
ワタクシはややお疲れ気味で朝の1ラウンドにて本日終了。

果たして日曜日に支部予選はあるのでしょうか?
この週末はサイズダウンしつつも波は残るとの予報。
初心者、中級者には程よい波になりそうですよ。

それでは皆さんまた明日。
6月12日【台風×梅雨】 RSS 2013.6.12
DSC_2080.jpg
こんばんは。

台風×梅雨前線!
実にうっとおしいお天気になった湘南です。
例年、梅雨の時期に来る台風は、数日に渡る雨とライド可能サイズながらダンパー気味な上級者向けの波をもらたらします。 

今回もご多分に漏れず、このパターン。
皆さん、サーファーは誰もが台風や大きな波を心待ちにしていると思ったら大間違いです。

マレに怖い時に楽しい脳内麻薬がでる人もいるんですが、うちだとKNJ君やMNKさん?
9割方の日本人は怖い時にイヤーな脳内物質が出て、ビビりが入ります。
ちなみにブラジル人は日本人より楽しくなっちゃう人がはるかに多いそう。
ワールドツアーの成績を見れば明らかです。
サッカー選手も大変だ。

そんな訳で、今年初の台風スウェルがしっかり入った今朝。私はいつも通りに出勤。
東浜は満潮にもかかわらず、ダンパー祭りです。
支部予選ロングの部がいよいよ今週末開催されるかも。
ショートで岬の向こうという選択はありません。
こんな時、近場でお手軽にロングボードできるのはあのポイントだけ。
他はボードが折れちゃったりしますから。

そこではYK君がロングに乗ってます。
支部予選シフトですね。
それとも本格的にロング転向か!
お互いショート出身ってことで、たまにしかこない上にダンパー気味のアウトのセットには目もくれず、インサイドの切れた腰〜腹サイズに乗りっぱなし。
支部予選のライバル、林君やショータ、AG子、ユーキちゃんも来て、楽しいセッションでした。

午前中は水曜チームと一緒に朝の場所へ。
潮が大きく引くにつれて、ブレイクポイントが沖に出てしまい、インサイドのピークが消滅。
こうなると、コンスタントに波が割れる場所を特定するのが難しくなります。
ショートの女子は結構苦労してました。
まずはドルフィンスルーをしっかり覚えて、人よりインサイドで構えられるようにしたいな。
ロングの平野君、原さんあたりは切れたミドルサイズをしっかり乗りこなしてました。
やはり波がロング向きなんでしょう。
テイクオフの早さが波をキャッチできるポイントになったようです。

初心者サーフィンスクールは江の島の島影でしっかりできた様子。
雨でも台風でも、スクールはやってますよ。

再び潮が上げてきた午後はオフショアも弱まり、各ポイント上級者オンリーながらグッドコンディションになっていた様子。
私は、じっと我慢のお仕事。
いつものペースを崩すと身体が持ちませんから。

明日も今日と同じくらいの波が続く予報。
まずは朝一の潮が多い時間に。
東浜からチェックしましょう。

それでは皆さんまた明日。
6月9日【NSA七ヶ浜町長杯】 RSS 2013.6.9
__~19.JPG
こんばんは。
ただいま東北道矢板市付近を湘南に向かって激走中です。

土曜日の午前の初心者スクールを終えて、仙台に出発。
昼間のドライブで途中お昼ご飯を食べたにもかかわらず6時間で到着。
意外に近いんですね、仙台って。
福島より北にサーフィンしに来るのは初めて。
東北地方も高校の修学旅行以来という馴染みのうすい土地です。

今までは、そんな遠くまで試合に出かけるなんて面倒臭い、って思ってたんですが、今年は仙台でハイグレードの公認大会が三戦もあります。
食わず嫌いをなおすためにも、まずは一戦目から。
様子見がてら行ってきました。

会場の菖蒲田浜は市街からすぐ、大昔の七里ヶ浜ってこんな感じ?みたいな風光明媚な海岸です。
ローカルサーファーの話では津波の凄まじい被害を受けたそうで、震災前はもっともっと雰囲気のいい場所だったとのこと。
震災直後の写真を見たことがあったのですが、今ではすっかりキレイなビーチに。
震災の爪痕は、家と塀の基礎だけが延々と残りペンペン草しか生えてない海岸通りくらいでしょうか。
地元の方の海岸の再生に賭ける情熱が伝わってきました。

さて夕方6時に着いたG君と私は、金曜日から旅行がてら現地入りしていたシンジ君と菖蒲田浜にて日没サーフ。
結構暖かくて3ミリフルでちょうどいいくらい。
腰〜腹ながら水の量が多くてパワフルなブレイク。
バリのビーチブレイクを思い出します。
旅先だからこその滅多にやれない波に乗れて、旅情は盛り上がるのでした。

一夜明けて本日は試合当日。
朝は冷え込んで水温は急降下。
モモ〜腰サイズにダウンしましたがロングには乗り頃の楽しい波に。
出番が遅いので仲間達とウオーミングアップに励みますが、元気が出ません。
というのも、ラウンド1の対戦相手は、先の級別全日本で2位になった今季一番ノッてる男、土井君と将来を嘱望される中学生ロングボーダー塚本君を含む5人ヒートだからです。

は〜。
最近、組み合わせはツイてたんですが、久しぶりに一番ハードなヒートを引き当ててしまいました。
ヒート1時間前まではロクに口も聞かず。
血圧低いまま過ごして、そこから徐々に身体を動かして、気持ちを上げて行きました。

先の級別で学んだこと。
気持ちで負けたら話にならない。
セットのいい波に乗らなきゃ始まらない。
この二つを胸に、最高の集中力でヒートをスタートさせました。
土井君、塚本君、私の狙いは右から来るセットのライトウエイブ。
それを誰にも乗せまいと、右奥深くにポジショニング。
隣のポイントに侵入しようがお構いなしで、彼等が諦めまで右にパドルです。
セットのいい波は誰にも乗せず。すべて私が乗りました。
勝ちたい気持ちを切らさず攻撃的に過ごした13分間。
しかし結果は3位。
一回戦敗退です。
今の私にはあれ以上のことはできないので、仕方ありません。

福島の実家に家族を置いて、朝一に現地入りしたYK君は公認大会で初の2回戦進出!
級別での悔しい経験を生かして見事な戦いぶりでした。
やはり普段の練習や地元の大会だけでなく、アウェーや格上との経験を積んでこそ、勝ち上がれるのが試合ですね。

そしてシンジ君は2回戦も勝ち上がってセミファイナルに進出。
やはりショートでの試合経験はダテじゃありません。
この一年ちょっと、ロングに集中してきた結果をしっかりと出したのでした。

そのシンジ君とセミファイナルで当たったG君は、見事ファイナルへと進出。
ロングメンクラス結果は、優勝地元仙台のスタイルマスター横山こうた君、2位塚本君、3位隣で運転してるG君、4位にマスタークラスの新星、林君となりました。

250名を越える選手が集まり、大盛況となった今大会。
オーガナイズも素晴らしく、また地元の方のホスピタリティーには驚きました。
試合で遠征して、歓迎されてるのが伝わると、ホント行ってよかったと思います。
仙台、最高でした。
ありがとうございました。

そして試合は一回戦負けでしたが、課題はしっかり見つけました。
明日から練習再開。
朝からやるよー。

それでは皆さんおやすみなさい!
6月6日【初心者日和は続いて】 RSS 2013.6.6
__~15.JPG
こんばんは。

梅雨の晴れ間が続いていますね。
波のほうは相変わらず、サーフィンスクール向けのサイズ。
初心者の皆さんは着々と練習を続けています。
うちの中上級者の皆さんも、すっかり開き直って、良くはなくても乗れるだけマシと、夕方の風波を狙ったり、朝の干潮前後を攻めたり、仕事が終わってから千葉に行ったり。
波は小さくても、なんとか楽しんで上手くなってやろうと、いいペースを掴みつつあるようです。

さて私は、週明けの吉浜連チャンがたたって、昨日はスクールだけ入って大人しくしてました。
今朝も波は小さいし、弱いながらもオンショアだし、やる気おきないな〜、とデスクでぐずぐずしておりました。
そこへウエットに着替えてやる気満々の小野さん登場。
ヌノちゃん、ショータ、薬局のレギュラー組はためらいなく着替えて、ツバサさん、シンジまで登場。
一人取り残されるのは寂しすぎる。
やる気のなかった私も行くしかありません。

行きの道中には海上がりのFさんに遭遇。
やはり波は厳しいとのこと。
波チェックしながら、あちこちのピークを見て回ったものの、うーん、走れそうにありません。
結局、大きく引いてくる潮の動きにかけて、一番江の島寄りのショルダーが消えがちなピークに入水。
たまーに来るショルダーが張りそうなセットだけを狙ってテイクオフ。
最高の集中力でやりました。
ロングの場合、やろうと思えば結構できちゃうもの。
何本かは納得のいくライディングもあって、一緒に行った仲間に感謝の朝練でした。

午前中は木曜メンバー達と入りました。
ちょうど干潮タイム。
割れる場所が増えて、うまくピークを当てて、右に左に波に合わせて乗り継げば岸までロングライド。
と言ってもヒザ下のユル〜い波ですよ。
週に3回も4回も来る去年の新人達が、うまいこと乗り継いでました。
やはり毎回ぶつぶつと小言を言われながらのサーフィンは効果的なようです。

さて明日から週末にかけても代わり映えしない波予報です。
そこをなんとか工夫して、小波でサーフィンしましょう。
来週初めには今年初の台風スウェル!なんて情報もありますから。
まだ先週の小波のほうが楽しめた、なんてこともあり得ますよ。

それでは皆さんまた明日。
6月4日【仕事前に吉浜】 RSS 2013.6.4
DSC_2006.jpg
こんばんは。

語るも無惨。
日月火と波なし状態、初心者サーフィンスクール日和が続いている湘南です。
今朝、海友達が言ってました。
あの震災のあと、湘南はなぜだかずっと波があったと。
そうなんです。
梅雨に波がないのは普通。
真冬もしかり。
週に一回ショートボードに乗れれば御の字。
それが湘南なんです。

そういえば震災前には千葉やら吉浜やら通いまくってました。
でも震災のあとは、なんかガソリン使って遠くまでサーフィンしに行くのに抵抗があったり、またロングボードを始めたこともあり、そしてなにより湘南にコンスタントに波があって、すっかり出無精になっていました。

そして、いつもの湘南に戻ったいま。
ロングといえど、ヒザあるかないかの波では練習になりません。
となれば再び、ガソリン使って動くしかありません。

という訳で昨日、今日は朝イチから湯河原吉浜にお出かけです。
吉浜は湘南サーファーの駆け込み寺。
千葉へ行くには片道2時間はかかるのに対して、1時間弱で行けます。
一人で行ってサーフィンしても、休憩なしで帰ってこれる距離なんです。
駐車場がいっぱいあってシャワーも完備。
鵠沼よりはちょっとだけパワーのあるビーチブレイク。
ピークがたくさんあるので、レベルに合わせて入る場所を選べます。

定休日だった昨日の朝はモモから腰近く。
ショートでもなんとか遊べる波でした。
それで調子に乗った私は今朝、仕事前の朝一吉浜に挑戦です。
かつてブラボーと二人揃ってスクールに遅刻した経験から、とにかく6時半には海から上がらなくては。
5時には入りたいから、じゃあ家を出るのは4時前ですね。

3時過ぎに自然起床してゆっくりゴーしました。
途中、海から上がる真っ赤な日の出に遭遇。
そう。
海岸の向きが東を向いているので、湘南では入り辛い東ウネリをキャッチするんです。
しかーし、着いて海を見てがっかり。
ヒザ上くらい。
それでも大きめのショートで走っている二人。
それは、かつて湘南の至るところで遭遇した朝一友達でした。

入り始めは二人から離れて、一人集中してひたすら乗ります。
後半はトークしながら、のんびりと乗りました。
ま、正直外した感たっぷりですが、湘南にいるよりは練習できただろう、ということでヨシとします。

やはり渋滞にハマリながら1時間15分かけて出勤。
上げ潮に僅かな期待をかけて火曜チームと出かけましたが、波はパワーのないヒザ下サイズ。
なかなか厳しかったです。

さて、波がないのも今日が底?
明日、あさってはまだ小波のようですが、週末からは徐々にサイズが上がってきそうな予報です。
週明けには上級者待望の台風スウェル?
期待しましょう!

それでは皆さんまた明日。
KOYO’s KITCHEN 海を眺めながらくつろいだ時間を過ごせるカジュアルカフェ!本格的なインドネシアン料理と時間を忘れて過ごすひとときはいかが?KOYO'S KITCHEN(コヨーズキッチン)

楽天ICHIBA

サクラサーフ&スポーツ YAHOO ONLINE SHOP

会社概要

スクール予約のお申し込みはこちらから
オンライン予約
お電話での予約こちら
0467−31-8384 平日9:00~18:00 (土日祝は19:00まで)

旬なサーフィンアイテム情報 Sissy's Blog

Sissy's Blog
ネックインフルスーツなどなど
この2-3シーズンですっかり秋冬シーズン用として定番となった「ネックイ

予約ができる携帯サイトも利用してね。

ページの先頭へ戻る